高血圧の放置と動脈硬化の進行

高血圧の放置と動脈硬化の進行

血圧を下げる入浴の仕方

血圧が高い人は、日常生活の中で数値を下げる努力をしなくてはいけません。
食事、運動、睡眠といった具合に生活習慣の改善をすることが求められますが、細かい点に目を向けてみると意外なところに数値低下に繋がるといわれている方法があるのです。
たとえば、入浴方法を変えるだけでも、血圧の数値に変化が見られるようになります。
ただ、単純にお風呂に入りさえすれば数値が良くなるというわけではありませんので注意しましょう。
それでは一体どのような入り方をすれば良いのでしょうか。
いくつかポイントがありますので、順に挙げていきます。
まず、お風呂の温度設定が大事なのですが、ぬるま湯が推奨されています。
40度ほどの湯温がちょうど良いのではないでしょうか。
また、特に冬の時期など気温が低いときは、お風呂場や脱衣所を暖かくしてから入浴しましょう。
温度差があると心臓に負担がかかるからです。
それから、長湯も良くありませんので、入浴時間はほどほどにしておくことが大事です。
このようなお風呂の入り方をすると、血圧低下の効果が期待できます。
また、血圧以外の体の悩みに対する効果も見込めるのが嬉しいところです。
たとえば疲労を除去したり、ストレスを緩和したりすることに繋がるわけです。
ストレスは血圧の数値上昇の要因になるため、入浴により軽減するとより血圧が低くなることに繋がるでしょう。
普段からシャワーだけで済ませていたり、お風呂に入るときは熱いお湯にしていた人などは、この情報を参考にお風呂の入り方を変えて血圧のコントロールに活かしてみてはいかがでしょうか。

Copyright (C)2017高血圧の放置と動脈硬化の進行.All rights reserved.