高血圧の放置と動脈硬化の進行

高血圧の放置と動脈硬化の進行

血圧が上昇しやすい時間帯

1日のうち、時間帯により血圧の数値は変化します。
最も低下するのは睡眠中であり、起床後徐々に上昇していきます。
そしてその後、日中が最も高まるのです。
ただ、これはあくまでも一般的な話であり、高血圧の治療を受けている人には該当しない場合があります。
これは血圧を下げるために使用している降圧薬の影響だと指摘されていますが、最も高い数値を示す日中の血圧は低下しています。
これに対し、降圧薬を使用していると朝の血圧が高くなる人がいるのです。
この時間帯による数値の違いに何かあるのか疑問に感じる人もいるでしょうが、深刻な体のトラブルと関係しています。
心筋梗塞や脳梗塞と朝に血圧が一気に高まることとの関係性が指摘されています。
心筋梗塞や脳梗塞は朝に起こることが多いというデータがありますが、これらの病気の原因には高血圧が含まれます。
このことから朝の血圧の高まりは良くないと考えられているのです。
早朝に最も血圧が高まる人は厄介な体の悩みを抱えているといえますが、対策がないわけではありません。
起床後すぐに布団から出るのではなく、体や部屋を暖めてから時間をかけて起きると血圧の高まりを防げるといわれています。
なお、自分が早朝に血圧が上昇していることを把握するのは、病院でしか数値を測定する機会がない人には難しいことです。
そのため、自分の数値の推移を知りたい人は、家庭用の測定器を購入し、チェックしてみてはいかがでしょうか。
結果、早朝の高血圧だということが分かったら、早く医師に伝えることが大事です。

Copyright (C)2017高血圧の放置と動脈硬化の進行.All rights reserved.