高血圧の放置と動脈硬化の進行

高血圧の放置と動脈硬化の進行

季節ごとに変わる血圧値

日本の四季の中で、とりわけ血圧に大きく影響するのは夏と冬です。
これらの季節のうち、どちらが血圧値が高くなりやすいかご存知でしょうか。
正解は冬なのですが、ここではその理由をまず解説します。
それほど複雑なことではありませんが、気温が低い状況下では、人間の血管は収縮するという特徴があるのです。
この血管の収縮により血圧値が高まるというわけなのです。
血圧に関する体の悩みを抱えていない人はあまり神経質にならなくても良いかもしれませんが、そうでない人は冬の血圧管理には十分に気を付けたいところです。
単純に気温が低いだけでも血圧は上昇しやすくなりますが、冬の血圧コントロールは他にも大変なことがあります。
急な温度変化が血圧上昇を招くといわれていますが、冬はこの状況が作られやすいのです。
たとえば暖かい布団からトイレに行くとき、暖かい部屋から気温の低い表へ出たときなどがあります。
また、寒い脱衣所から熱い湯船に入ったときにも血圧が高まるので、注意が必要です。
それから、冬は運動をするのが億劫になる人が多く、程度の差はありますが肥満の体の悩みを口にする人が多くなります。
太くなることも血圧上昇に繋がりますので、冬は酒席が増える人も多いでしょうが、節制したほうが良いでしょう。
なお、急激な温度変化は冬だけでなく、どの季節であっても注意しなくてはいけません。
心臓への負担も大きくなりますので、日常生活の中での温度差は極力小さくするように心掛けたいところです。

Copyright (C)2017高血圧の放置と動脈硬化の進行.All rights reserved.