高血圧の放置と動脈硬化の進行

高血圧の放置と動脈硬化の進行

タバコやお酒と体の悩みの関係

まず、日常的にタバコを吸う人はニコチンによる影響を受けることになります。
血圧上昇、さらには動脈硬化の悪化を招き、心臓疾患を引き起こす危険度が高まります。
その他、ガンなどの病気のリスクも増大しますので、なるべくなら禁煙をしたいところです。
禁煙の方法としてはグッズを使用する方法もありますが、挫折をした経験がある人は禁煙外来に相談したほうがタバコをやめやすいかもしれません。
また、タバコを吸うと周りの人も受動喫煙する形になるので、他の人の健康にまで悪影響を及ぼしていることになります。
次にお酒についてですが、これも習慣化している人は警戒が必要です。
毎日たくさんお酒を飲む人は特に、アルコールの影響をまともに受けます。
血圧上昇、肝臓病などのリスクが増大するのです。
そのため、大量飲酒が習慣化している人は、控えめにしたほうが良いでしょう。
なお、お酒の場合はタバコと異なる点があります。
それは、全く摂らないほうが良いとはいいきれないところです。
お酒には適量がありますが、ほどほどの量に留めておくことにより、一時的な血圧低下の効果があるといわれているのです。
また、酒量が多い日が継続していた人が摂取に取り組むことにより、比較的短期間のうちに血圧の数値が改善するといわれています。
タバコやお酒が好きな人にとっては耳の痛い話もあったでしょうが、自身や家族が体の悩みに苦しめられることと天秤にかけ、健康が大事だということでしたら両方とも控えたほうが良いでしょう。

Copyright (C)2017高血圧の放置と動脈硬化の進行.All rights reserved.